Asia


Displaying 41 - 60 of 2874
In Water

Rapid changes in land use and land cover pattern have exerted an irreversible change on different natural resources, and water resources in particular, throughout the world....

Author: 
Mrittika
BASU
Chtiresh
SARASWAT
Binay
MISHRA
Peer-reviewed Article
English
April 2019 Topics:

The "JCM in CHARTS" series aim to provide a comprehensive and easy-to-understand description of the Joint Crediting Mechanism (JCM) in each host country. This version describes the...

Data/Tool
English
March 2019 Topics:
気候変動適応と持続可能な開発に向けた統合

生態系を基盤とするアプローチやランドスケープアプローチといった土地管理の統合的アプローチは、持続可能なインフラおよび生物多様性の持続可能な利用と保全と併用することで、複数の利点をもたらす。自然資本を維持することの重要性を強調すると同時に、土地と天然資源の利害相反に取り組むための手段を利害関係者に提供することによって、開発、気候変動適応、...

Briefing Note
Japanese
March 2019 Topics:
APFSD

The objectives of the session are to emphasize the following points: Climate Change in the Hindu Kush Himalayas will seriously comprise food, nutritional and energy security in the...

Presentation
English
March 2019 Topics:
National strategy on SLCP

The National Strategy to Reduce Short-Lived Climate Pollutants from the Municipal Solid Waste Sector in the Philippines was developed through a multi-stakeholder consultation...

Author: 
Voltaire
ACOSTA
Maria Delia Cristina M.
VALDEZ
Liz
SILVA
Crispian
LAO
Albert A.
MAGALANG
Submission to Policy Process
English
March 2019 Topics:

東南アジア諸国における森林保全政策の概括

Author: 
Presentation
Japanese
March 2019 Topics:

- The deliberations of the Forum of Ministers and Environment Authorities of Asia Pacific provide a guide for what to look for from the Asia Pacific delegates during UNEA4.
-...

Author: 
Commentary
English
March 2019 Topics:

1. 業務の目的
本業務は、日中都市間連携の推進、国際機関の活動に対する助言、短寿命気候汚染物質削減のための気候と大気浄化の国際パートナーシップ(CCAC)等のSLCPに関する国際レベルの活動支援、およびコベネフィット事業に関する評価を通じて、コベネフィット型大気汚染対策を促進することを目的として実施した。

2. 業務実施期間...

Commissioned Report
Japanese
March 2019

2014年の国連気候サミットにおいて、日本は開発途上国の適応能力を包括的に支援することを目的とした適応イニシアチブを発表した。適応イニシアチブには、科学的知識に基づいた適応計画策定、および開発途上国が気候変動影響評価を更新するための能力開発に関する支援が含まれる。同イニシアチブの一環として、環境省は地球環境戦略研究機関(IGES)と共同で、...

Policy Report
Japanese
March 2019 Topics:

Pengelolaan sampah telah menjadi salah satu isu utama di banyak kota khususnya di negara-negara berkembang. Tempat-tempat pembuangan akhir dari limbah padat perkotaan merupakan...

Submission to Policy Process
Indonesian
March 2019 Topics:

Japan’s Climate change Adaptation Initiative was announced by Prime Minister Shinzo Abe at the UN Climate Summit 2014 with the aim to support the adaptive capacity of developing...

Policy Report
English
March 2019 Topics:

本事業は、株式会社西原商事がインドネシア共和国スラバヤ市において実践し蓄積してきたリサイクル型中間処理施設及びコンポストセンターの設置・運営ノウハウを活用し、国営肥料会社(PT Pupuk Indonesia: PI)との長期契約を基に現地法人を設立して、バリクパパン市の最終処分場(TPA Manggar)内の20,000 m2の敷地において堆肥工場(処理能力...

Author: 
Commissioned Report
Japanese
March 2019 Topics:

東南アジアの各都市においては経済発展及び人口増加を続けている一方で、廃棄物管理のインフラシステムが十分に整備されていない国も多く、各国政府・自治体は対応に苦慮しており、我が国からの支援を期待する声は多い。特に、日本の得意とする廃棄物発電(WtE)技術は、エネルギー回収とともにCO2削減も可能な廃棄物処理技術である。...

Commissioned Report
Japanese
March 2019 Topics:

本事業は、北九州市-ダバオ市の都市間連携事業の下、ダバオ市側の要請に基づき、LCCAPの作成支援を行うと共に、本行動計画に具体的な緩和策を位置づけ、その緩和策の実施のための財源の一つとしてJCM設備補助事業の活用について検討するものである。具体的には下記のような支援を行った。

1) ダバオ市が進めるLCCAPの策定支援
 -...

Commissioned Report
Japanese
March 2019 Topics:

This project has been designed to provide support for the formulation of the LCCAP based on a request from Davao City under C2C cooperation between Kitakyushu and Davao. Concrete...

Commissioned Report
English
March 2019 Topics:

アジア地域においては、特に大都市圏で処分場の逼迫が顕著であり、最終処分量の削減が喫緊の課題となっている。しかし、依然、多くの都市では直接埋立による最終処分が主流であり、廃棄物量削減に向けた廃棄物処理・リサイクル施設の建設・整備についても予算確保、用地確保、適正処理技術の導入、環境モニタリングの実施など多くの課題を抱えている。
環境省ではこれまで、...

Commissioned Report
Japanese
March 2019 Topics:

パリ協定に掲げる今世紀後半に脱炭素社会(温室効果ガス排出量が正味ゼロの状態)を実現させるためには、経済成長が著しいアジアにおいて、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。近年、経済成長著しいアジアの都市では、急激な都市化により、資源やエネルギー消費量が増大し、交通量増加に伴う交通渋滞が頻発しており、生活や経済活動に伴う廃棄物、排水、...

This technical report is related to the Feasibility Study (FS) on the potential application of Japanese low carbon technologies, namely compressed air system which was conducted in...

Author: 
Tsukasa
SAITO
Technical Report
English
March 2019

Pages