Briefing Note
気候変動適応と持続可能な開発に向けた統合
Topics: Region/Country: Language:
Japanese

気候変動適応と持続可能な開発に向けた統合

Series: 2019-03

生態系を基盤とするアプローチやランドスケープアプローチといった土地管理の統合的アプローチは、持続可能なインフラおよび生物多様性の持続可能な利用と保全と併用することで、複数の利点をもたらす。自然資本を維持することの重要性を強調すると同時に、土地と天然資源の利害相反に取り組むための手段を利害関係者に提供することによって、開発、気候変動適応、および防災に対する国際目標に貢献できる大きな可能性が統合的アプローチにはある。統合的アプローチ、持続可能なインフラ、ならびに生物多様性の持続可能な利用および保全は、アジア太平洋諸国がSDGを達成するための重要な戦略である。統合は、さまざまな地理的スケールおよびタイムスケールにおいて必要となる。国レベルでの適応戦略の開発に焦点が当てられてきたが、ますます相互に関連し合う世界において、国境をまたぐ気候変動リスクに対処するための国境を越えたレベルでの開発と適応計画の統合は、地域の優先事項とされるべきである。

Related Website: (Hayama, Japan) Page Information:
1-4