Issue Brief
米国における火力発電所排出規制の概要と今後の動向 ‐クリーン・パワー・プランおよび炭素汚染基準の解説‐
Downloads
PDF icon Update CPP public.pdf (907.88 KB)
Region/Country: Language:
Japanese

米国における火力発電所排出規制の概要と今後の動向 ‐クリーン・パワー・プランおよび炭素汚染基準の解説‐

2015-08

2015年8月3日にオバマ大統領は、大気浄化法のもとで既存の火力発電所からのCO2排出を規制するクリーン・パワー・プランと、新設火力発電所に対するCO2排出基準(炭素汚染基準)を発表しました。
2030年までの火力発電所からのCO2排出を2005年に比べ32%削減する大変意欲的な内容です。オバマ政権による最も重要な気候変動政策と位置づけられているこれらの米国環境保護庁(EPA)による規制について、その内容とともに、規制によるCO2排出削減便益を含む費用便益分析の内容、およびこれらの規制に対する産業界・世論の動向を含めて解説いたします。

Remarks:

2015年10月14日 

「2.2既存の火力発電所に対する排出削減目標値の設定(CPP)」において、BSERおよび施設毎の排出基準値の説明を修正致しました。