Future climate regime


Displaying 1 - 20 of 84

こちらの日本語一覧表では、IGESデータベースで使用されている英語の用語や定義の日本語訳をまとめています。日本語一覧表は以下のデータベースを対象としています。
- IGES 温室効果ガス排出量データ
- IGES 京都ユニット移転データベース
- IGES CDMプロジェクトデータベース
- IGES...

Data/Tool
Japanese
August 2017 Topics:

The IGES NDC Database compiles the main features of the Nationally Determined Contributions (NDCs), which were communicated by the Parties to the United Nations Framework Convention...

Author: 

Climate Edge Vo.27では、日本における中長期的な温暖化対策の立案に貢献するため、カーボン・バジェットの概念の科学的背景、カーボンプライシングの概念整理、地球温暖化対策における国際貢献のあり方に関する見解をまとめました。

PR/Newsletter
Japanese
July 2017 Topics:

2016年4月~2017年3月に日本・環境省の請負業務として実施した「平成28年度気候変動対策に係る国際交渉関連調査業務」の報告書であり、中国やインドの研究機関と共に実施した日中政策研究ワークショップならびに日印政策研究ワークショップ、更にはパリ協定に係る国際交渉の最新状況やその分析等を記載している。

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:
G7の戦略策定状況と概要 cover

2016年12月現在のG7各国の長期温室効果ガス低排出発展戦略(Long-term Low Greenhouse Gas Development Strategies)の策定状況ならびにその概要に関して、公開情報およびヒアリングから得た情報をまとめています。

Issue Brief
Japanese
December 2016 Topics:

Climate Edge Vo.26では、パリ協定が発効して開催される最初のCOPであるCOP22の成果および、COP22に関連した企業や自治体などのステークホルダーの取組に関する見解をまとめました。

PR/Newsletter
Japanese
December 2016 Topics:

At the heart of the successful implementation of the Paris Agreement is whether and how effectively a ratchet-up mechanism through which Parties will increase ambition over time can...

Working Paper
English
November 2016 Topics:

Assuming all thermal power plants currently planned for construction and replacement are put into operation, coal-fired and gas-fired power plants need to operate below 56% and 43...

Issue Brief
English
September 2016 Topics:
The Climate Edge Vol.25
PR/Newsletter
Japanese
September 2016 Topics:

グローバル・ストックテイクを巡る議論と今後の論点

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
June 2016 Topics:

パリ協定の下での透明性枠組みのあり方についての議論が開始

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
June 2016 Topics:

1.5/2℃目標実現に向けた長期戦略構築の重要性―2016年G7会合およびボン会合(APA 1)も踏まえて-

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
June 2016 Topics:

2016年2月、日本の温室効果ガス排出量の約4割を占める電力部門における排出削減の取り組みが明らかになりました。本ペーパーでは、これまでに至る経緯を概観した後、自主的枠組みと制度的仕組みを紹介し、電力部門の低炭素化に向けた中長期的な観点からの課題及び石炭火力・ガス火力発電新設に伴う様々なリスクについてまとめています。

Discussion Paper
Japanese
March 2016 Topics:

各国の気候変動政策の概要

Commissioned Report
Japanese
March 2016 Topics:

平成27年度気候変動枠組条約の下での2020年以降の枠組みに関する情報整理業務報告書

This report summarizes the contract work on the post-2020 climate regime for the Ministy of the Environment Japan, including summaries of submissions by major countries to the...

Commissioned Report
Japanese
March 2016 Topics:

パリ協定における気候資金に関する決定とその意味

Author: 
PR/Newsletter
Japanese
March 2016 Topics:

Low Carbon Urban Infrastructure Investment: Cases of China, Indonesia, and Japan

Author: 
Joni Jupesta
Ping Jiang
Rizaldi Boer
Retno Gumilang Dewi
Toni Bakhtiar
Lukytawati Anggraeni
Wan Xin Li
Manu Verghese Mathai
Policy Report
English
March 2016 Topics:

環境金融の夢

Author: 
Hikaru
KOBAYASHI
Non Peer-reviewed Article
Japanese
March 2016 Topics:

Japanese energy saving and CO2 emission reduction potentials in 2030 in the household sector

Author: 
Presentation
English
February 2016 Topics:

Pages