Strategic Management Office


Displaying 21 - 40 of 364

This study focuses on carbon pricing as an economic measure for significant reduction of GHG emissions in 2050, and highlights the effectiveness and economic efficiency of carbon...

Author: 
Soocheol
LEE
Toshihiko
MASUI
Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:

地球環境問題の歴史や経緯などを概観するとともに合意されたパリ協定に向けた共同体的行動をどのように進めるかを多面的に考えるため、温暖化に対する基本的な知識、地球環境に関わる観測・計測技術、公的機関や政策、産業界の取組そして市民としての具体的な行動のあり方を具体的に学習するための講座教材

Author: 
人史
向井
Book Chapter
Japanese
March 2018 Topics:

This brochure of the Japan-Germany Collaboration on Climate Change and Long-Term Low Carbon Strategies gives an overview of the activities undertaken in 2017-2018 between IGES/NIES...

Author: 
PR/Newsletter
English
March 2018 Topics:

本リーフレットは、環境省「先進国との二国間連携長期シナリオ協力委託業務」の一環として実施した、ドイツとの温室効果ガス排出削減シナリオ及び長期戦略に関する協力プロジェクトについて概要を記したものである。

Author: 
PR/Newsletter
Japanese
March 2018 Topics:

平成29年度先進国との二国間連携長期シナリオ協力委託業務報告書

環境省「先進国との二国間連携長期シナリオ協力委託業務」報告書(平成29年度)

Author: 
Mikiko
KAINUMA
Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:

平成29年度国際低炭素社会推進研究調査等委託業務報告書

環境省「国際低炭素社会推進研究調査等委託業務」報告書(平成29年度)

Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:

平成29年度途上国等における気候変動対策及び貢献検討委託業務に関するシンポジウム開催等の支援業務報告書

みずほ情報総研「途上国等における気候変動対策及び貢献検討委託業務に関するシンポジウム開催等の支援業務」報告書(平成29年度)

Author: 
Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:
Scoring the Sustainable Development Goals: Pathways for Asia and the Pacific

Despite considerable hope and enthusiasm raised by the Sustainable
Development Goals (SDGs), and some quick initial efforts, many
governments and stakeholders are...

平成29年度アジアの低炭素社会実現のための低炭素アジア研究ネットワーク(LoCARNet)事業委託業務報告書

環境省「アジアの低炭素社会実現のための低炭素アジア研究ネットワーク(LoCARNet)事業委託業務」報告書(平成29年度)

Author: 
Commissioned Report
Japanese
February 2018 Topics:

平成29年度第23回気候変動枠組条約締約国会議における情報発信事業委託業務支援(その1)報告書

RESTEC「第23回気候変動枠組条約締約国会議における情報発信事業委託業務支援(その1)」報告書(平成29年度)

Author: 
Commissioned Report
Japanese
February 2018 Topics:
In 環境情報科学 学術研究論文集

本論の目的は,インドネシアの気候変動緩和対策の現状を明らかにし,また,その実施上の課題を明確化することである。特に政権交代後の政策面や組織・調整面の動向に着目し,潜在的な課題・阻害要因につき,インタビュー調査や文献調査により検討を行う。その結果,関係ステークホルダー間の連携や調整の強化,緩和計画などの政策面の強化が今後の緩和対策実施上の課題として確認された...

Author: 
Peer-reviewed Article
Japanese
November 2017 Topics:

To promote measures against global warming based on the Paris Agreement, and to ensure transition to decarbonised societies, it is important to link long-term targets/strategies...

Author: 
Mikiko
KAINUMA
Rahul
PANDEY
Book
English
November 2017 Topics:

地球環境の保全を扱った本章にて、主に、熱帯林の維持・管理およびインドネシアの熱帯林の現状と保全への取り組みについて分担した。世界やインドネシアの森林(減少)の状況、森林維持管理のためのインドネシア国内対策(主にREDD+の制度導入実施状況)について紹介している。

Author: 
Book Chapter
Japanese
October 2017 Topics:

On 5-8 September 2017, the Asia-Pacific Ministerial Summit on the Environment (the Summit) was convened in Bangkok, Thailand. This briefing note draws upon the observations of...

Briefing Note
English
October 2017

This Annual Report covers the highlights of IGES research activities in FY2016 from April 2016 to June 2017. Featuring cross-cutting and practical research activities to promote the...

Annual Report
English
October 2017

2016年度(2016年4月~2017年6月)におけるIGESの研究活動の概要をまとめた年報。IGESが分野横断的かつ実践的に取り組みを進めるパリ協定と持続可能な開発目標(SDGs)の実施を促す研究活動の進捗を紹介するほか、各研究領域(気候変動とエネルギー、持続可能な消費と生産、自然資源・生態系サービス、グリーン経済、持続可能な社会のための政策統合)、...

Annual Report
Japanese
October 2017

Considering the growing importance of scientific support to climate policy processes after the Paris Agreement, the current LCS-RNet steering group and government Focal Point...

PR/Newsletter
English
September 2017 Topics:

This presentation emphasizes the importance of assessing not only the environmental impacts, but also the broader sustainability impacts and linkages to Sustainable Development...

Author: 
Presentation
English
September 2017 Topics:

This chapter uses the Japan National Report on Disaster Reduction to the World Conference on Disaster Risk Reduction (Kobe, Japan) in 2005 and the National Progress Report on the...

Book Chapter
English
August 2017

平成29年度持続可能な開発と気候変動に関するアジア・リーダーシップ・プログラム準備・運営支援委託業務報告書

環境省「持続可能な開発と気候変動に関するアジア・リーダーシップ・プログラム準備・運営支援委託業務」報告書(平成29年度)

Author: 
Commissioned Report
Japanese
August 2017 Topics:

Pages