Transitioning to SCP


Displaying 1 - 20 of 30

持続可能な消費と生産

2016年12月に開催された神戸CSR研究会東京支部第15回例会において、持続可能な消費と生産に関する国際的な政策動向および、充足性アプローチと言う観点から、堀田康彦SCPエリアリーダーが発表を行った。

Author: 

2016年12月8日に開催された 東京都市大学/IGES/SPEED研究会共催特別セミナー「持続可能な開発目標元年を振り返る」において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「持続可能な消費と生産(SCP):持続可能な開発目標(SDGs)合意後の新たな政策動向」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・...

Author: 
Presentation
Japanese
December 2016 Topics:

2016年12月15日に開催された 第22回日本LCA学会・LCA日本フォーラム共催講演会において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「アジアにおけるSCPに向けた国際連携」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・戦略的研究開発領域課題(S-16)の成果などを活用したものである。

Author: 
Presentation
Japanese
December 2016 Topics:

The workshop to launch S-16 project in Asia was organized in October 20-21, 2016. Yasuhiko Hotta made a presentation on how to reconsider conventional SCP typologies during the...

Presentation
English
October 2016 Topics:
In Journal of Cleaner Production

Special Issue on: Absolute Reductions in Material Throughput, Energy Use and Emissions

Editor: 
Arnold
TUKKER
Raimund
BLEISCHWITZ
Sylvia
LOREK
Philip
VERGRAGT
Bas
DE LEEUW
Peer-reviewed Article
English
September 2016 Topics:

ISAP2016のパラレルセッション5「持続可能な消費と生産:アジアでのSDGs実施に向けたステークホルダー連携への第一歩」において、堀田康彦SCPエリアリーダーが発表した。

Presentation
Japanese
July 2016 Topics:

This paper provides an overview of Thailand's national policy on municipal solid waste (MSW) management and recycling, which is aligned to the country's sufficiency economic policy...

Book Chapter
English
April 2016 Topics:

SDGsにおける持続可能な消費と生産

Author: 
Presentation
Japanese
March 2016 Topics:

SDGsにおける持続可能な消費と生産の政策パッケージ

Author: 
Presentation
Japanese
November 2015 Topics:

都市化が地域窒素収支に及ぼす影響評価と対策提案

Author: 
Conference Proceeding
Japanese
September 2015 Topics:

国連の 10YFP の現状と展開について: 持続可能な消費と生産に向けた国際動向

Author: 
Presentation
Japanese
September 2015 Topics:

The overall objective of the REDUCTIONS project is to identify the potential for absolute resource and energy use reduction in production-consumption systems at all levels and to...

Editor: 
Sylvia Lorek

2012年に開催された国連持続可能な開発会議(RIO+20)において、「持続可能な消費と生産(SCP)に関する10年枠組み(SCP 10YFP)」がSCPおよび資源効率に向けた国際協力の枠組みとして採択されました。また、SCPは、SDGsに関する国際的な議論でも、重要なゴールの一つとして提案されています。...

Author: 
Presentation
Japanese
October 2014 Topics:

The overall objective of the REDUCTIONS* project is to identify the potential for absolute resource and energy use reduction in production-consumption systems at all levels and to...

Editor: 
Sylvia
LOREK

Pages