Americas


Displaying 1 - 20 of 71

REDD+の効果的な実施に向けた具体的な方策を示すため、REDD+の国際的な制度の動向等について多角的に調査・分析を行い、得られた結果について体系的に整理した。1-1ではUNFCCCを中心とした国際的な議論の動向について取りまとめた。1-2では、既存のクレジット制度である京都メカニズムの共同実施に注目した。1-3では、現在進んでいるREDD+...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。

REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

世界的な自然災害のリスクや地球環境問題の高まりを受けて、近年、国際的に生態系を活用した防災・減災(Eco-DRR)を推進する動きが加速している。独立行政法人国際協力機構(Japan International Cooperation Agency: 以降JICA)においても、自然環境保全分野の事業戦略2015-2020 の戦略課題のひとつとして「...

Author: 
Mitsunobu
OHNISHI
Toru
INADA
Takaaki
NISHIDA
Haruko
CHIKARAISHI
Yoshinaga
SETOGUCHI
Commissioned Report
Japanese
February 2017 Topics:
cover

本ブリーフィングノートでは、今後のトランプ政権の気候政策や人事に関して、これまでの示唆や推論を概観するとともに、関連する米国内の政治的文脈と制度的な意思決定プロセスの見地から検討を行う。「慎重な楽観主義」の立場をとりうるいくつかの領域を特定し、潜在的な最悪のシナリオに対する阻害要因を明らかにする。選挙期間中の発言や政権移行チームの顔ぶれには落胆させられる一方で...

Briefing Note
Japanese
December 2016 Topics:

米国大統領選挙における気候変動政策の位置付け

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
September 2016
Cover image of 留学先は国立公園

日本の「レンジャー」が体験したアメリカの国立公園での長期滞在ボランティア。それは、それまでの“アメリカの国立公園”観を覆す衝撃的な体験だった。国立公園到着の翌日から始まった体当たりのフィールドワーク、2度のアメリカ横断。2つの国立公園での長期研修と首都ワシントンでの内務省魚類野生生物局での実務研修を通じてようやく理解できたアメリカの自然保護政策とは!? ...

Author: 
Book
Japanese
May 2016 Topics:

Participation in the Global Environmental Education Partnership (GEEP) and North American Association of Environmental Education Annual Meetings (NAAEE)

Author: 
Naoka Genjida
Commissioned Report
English
March 2016 Topics:

Environmental Education and Education for Sustainable Development activities for the Environmental Policy Dialogue between the Ministry of the Environment, Japan and the Environmental Protection Agency of the United States

Author: 
Naoko Genjida
Commissioned Report
English
December 2015 Topics:

Presenting IGES-wide city work at WRI

A collection of recent and on-going activities at IGES were presented to WRI experts. The presentation focused on three themes, namely: (1) tools and data; (2) research and...

Author: 
Presentation
English
November 2015 Topics:
In ISPRS International Journal of Geo-Information

A new method was developed for mapping forest, agricultural, and urban land cover using remote sensing imagery. It is designed to better detect small land cover objects (e.g. small...

Author: 
Peer-reviewed Article
English
March 2015 Topics:
米国における火力発電設備に対するGHG 排出規制導入の最新動向と国際社会の役割

2014年9月の国連気候サミットにおいて、オバマ大統領が火力発電所に対するCO2排出基準設定の取り組みに言及するなど、米国では火力発電所に対する規制が注目を集めています。本ペーパーでは、米国の規制を概観するとともに、今後の国際交渉や他国の政策への影響について分析しています。

Discussion Paper
Japanese
December 2014

Environmental Education and Education for Sustainable Development. Policies and Activities for Policy Dialogue between the Ministry of the Environment, Government of Japan and the United States Environmental Protection Agency

Commissioned Report
English
December 2014 Topics:
2020年以降の気候変動対策に関する米中合意目標の評価

2014年11月12日、米中首脳会談後の共同声明において、米国と中国が、以下のような温室効果ガス(GHG)の排出削減目標を発表した。
o 米国:2025年までにGHG排出量を2005年比で26~28%削減
o 中国:2030年頃までに、なるべく早い時期にCO2排出量を頭打ち(ピークアウト);...

Discussion Paper
Japanese
December 2014 Topics:

Climate change policy in the United States of America

Following the trip to the US on Kakehashi Project, the guest lecture covered the environmental policy and updates of the US climate change policy/action we observed through...

Presentation
English
November 2014

Environmental Education: Japan Case

Author: 
Presentation
English
October 2014 Topics:

平成25年度生物多様性分野の代償措置に関する評価手法等調査業務 報告書

Biodiversity offset policy indication in Japan based on the experiences in Japan, the US, Australia and Europe

Author: 
Satoshi Kashiwabara
Koji Nishi
Commissioned Report
Japanese
May 2014 Topics:

Food Waste Issues and Countermeasures in Other Countries: comparison with the situation in Malaysia

Presentation
English
March 2014 Topics:

Th is report was developed by Friends of the Earth Japan (FoE Japan) and the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) with updated case studies as an English-language...

Editor: 
Ryoko
SEGUCHI
Discussion Paper
English
February 2014 Topics:
In Energy Policy

In this paper we pointed out a hidden inequality in accounting for trade-related emissions in the presence of border carbon adjustment. Under a domestic carbon pricing policy,...

Peer-reviewed Article
English
December 2013

Household Hazardous Waste Management: Experiences in Japan and other countries/regions

Author: 
Presentation
English
November 2013 Topics:

Pages