Japan


Displaying 1 - 20 of 656

2015年にパリで開かれた国際会議で、温室効果ガス削減に関する国際的取り決めが行われました。このパリ協定の着実な実施のためには、地域の特性に応じた効果的な地球温暖化対策を進めていくことが重要です。本事例集は各地域における脱炭素に向けた取組を共有することを目的にしており、環境省「平成30年度地域における情報シェアリングモデル構築委託業務」の
...

Fact Sheet
Japanese
December 2018 Topics:

The global community agreed to reduce greenhouse gas emissions in Paris in 2015.
For this agreement to be applied without delay, it is crucial for regions to conduct climate...

Fact Sheet
English
December 2018 Topics:

This study presents a multi-model analysis of long-term climate policy of Japan, whose mid-century strategy is subject to an ongoing policy debate, focusing on the carbon dioxide...

Author: 
Masahiro
SUGIYAMA
Shinichiro
FUJIMORI
Kenichi
WADA
Jiayang
WANG
Ken
OSHIRO
Etsushi
KATO
Atsushi
KUROSAWA
Ryoichi
KOMIYAMA
Yasumasa
FUJII
Yuhji
MATSUO
Presentation
English
November 2018 Topics:

This study presents a multi-model analysis of long-term climate policy of Japan, whose mid-century strategy is subject to an ongoing policy debate, focusing on the carbon dioxide...

Author: 
Masahiro
SUGIYAMA
Shinichiro
FUJIMORI
Kenichi
WADA
Jiayang
WANG
Ken
OSHIRO
Etsushi
KATO
Atsushi
KUROSAWA
Ryoichi
KOMIYAMA
Yasumasa
FUJII
Yuhji
MATSUO
Conference Paper
English
November 2018 Topics:

This poster presentation received The People's Choice Award at the 13th Biennial International Conference on Ecobalance, 9-12 Oct. 2018, Tokyo, Japan. The poster was selected among...

Author: 
Michael
LETTENMEIER
Viivi
TOIVIO

These country sheets present research findings on national long-term, low-emission pathways along the three Talanoa Dialogue questions: where are we, where do we want to go and how...

Author: 
Alexandre C.
KÖBERLE
Roberto
SCHAEFFER
Nick
MACALUSO
Panagiotis
FRAGKOS
Alessia
DE VITA
Swapnil
SHEKHAR
Ritu
MATHUR
Shinichiro
FUJIMORI
Junya
TAKAKURA
Heleen
VAN SOEST
Submission to Policy Process
English
October 2018 Topics:

More than half of the world’s population currently lives in cities. And half of this, lives in Asia. And from all of these people living in the world’s cities, more than 80% are...

Author: 
Presentation
English
October 2018 Topics:
自治体が公的ファンドを活用して海外都市との環境協力を推進するための考察と提言

アジアの新興国都市では、急速な人口増加と都市化に伴い、様々な環境問題が顕在化している。これら途上国都市の環境改善を行う方策の一つとして、本邦自治体が長年積み重ねてきた持続的な都市経営に関するノウハウや技術を移転する「都市間連携」の推進が期待されている。このような取組には外部資金の活用が必要であるが、ファンドを提供している政府の支援意図とは裏腹に、...

Discussion Paper
Japanese
October 2018 Topics:

This submission highlights the key findings of the discussion at the Japan-India Climate Policy Research Workshop, held in July 2018 in India. The key messages include:
1....

Submission to Policy Process
English
October 2018 Topics:

This commentary summarises the key findings and implications of the study on lifestyle carbon footprints: Long-term targets and case studies of the carbon footprints of household...

Author: 
Michael
LETTENMEIER
Viivi
TOIVIO
Commentary
English
October 2018 Topics:

循環経済(サーキュラーエコノミー)とは、資源循環を通じた経済の在り方であり、調達、生産、消費、廃棄といった一方向の流れではなく、リサイクル、再利用、再生産、省資源の製品開発、シェアリングなどを通じた資源循環の実現を目指す概念である。本稿では、欧州における政策開発や国際合意を背景に近年急速に機運が高まりつつある循環経済に焦点を当て、...

Institute for Global Environmental Strategies FY2017 Annual Report

Annual Report
English
October 2018

公益財団法人地球環境戦略研究機関2017年度年報

Annual Report
Japanese
October 2018

本稿では日本の2050年までの温室効果ガス,エネルギーシステムのシナリオを,複数のエネルギーモデルもしくは統合評価モデルを用いて定量化し,それらを相互比較することによって,不確実性を踏まえた長期の気候政策の評価を行う。

Author: 
昌広
杉山
真一郎
藤森
謙⼀
和⽥
嘉陽
⼤城
悦史
加藤
⿊沢
厚志
涼⼀
⼩宮⼭
康正
藤井
雄司
松尾
Presentation
Japanese
September 2018 Topics:

本稿では日本の2050年までの温室効果ガス,エネルギーシステムのシナリオを,複数のエネルギーモデルもしくは統合評価モデルを用いて定量化し,それらを相互比較することによって,不確実性を踏まえた長期の気候政策の評価を行う.

Author: 
昌広
杉山
真一郎
藤森
謙⼀
和⽥
嘉陽
⼤城
悦史
加藤
⿊沢
厚志
涼⼀
⼩宮⼭
康正
藤井
雄司
松尾
Conference Paper
Japanese
September 2018 Topics:
自治体による再生可能エネルギーの地産地消の取組

 地域で創出された再生可能エネルギーを地域で消費する再生可能エネルギーの地産地消の担い手として、自治体が自ら事業に関与していく「地域電力小売事業」の取組は、近年の再生可能エネルギーや地域分散型エネルギーの導入拡大・電力小売事業の全面自由化などの流れを背景に、各地で拡大してきた。

 自治体が自ら事業に関与している「地域小売電気事業者」...

Author: 
Seiya
TOMINAGA
Issue Brief
Japanese
September 2018 Topics:
In 大気環境学会誌
Author: 
雅高
西川
典克
久我
大西
宇加地
公代
永野
育子
友春
佐野
Peer-reviewed Article
Japanese
September 2018 Topics:

This presentation outlines the analysis results of a questionnaire survey targeting the households in Hyogo prefecture, which received the ‘Uchi-eco Diagnosis’ (A tool to check the...

Author: 
Presentation
Japanese
September 2018 Topics:

将来のCO2排出量は、経済規模、産業構造といった「社会的前提要素」 と、気候変動政策の対象となるエネルギー効率、エネルギーの供給構成などの「対策対象要素」によって左右される(図a参照)。本稿は、日本の国別緩和目標(NDC 1)に記載される2030年GHG削減目標(以下、NDC目標)におけるエネルギー起源CO2排出量(以下、CO2排出量)に着目し、社会的前提要素...

Policy Report
Japanese
August 2018 Topics:

Cities plays an important role in achievement of the Sustainable Development Goals (SDGs). While all cities recognise the importance of engaging in the SDG agenda, many are still...

Policy Report
English
July 2018 Topics:

Pages