Institute for Global Environmental Strategies


Displaying 1 - 20 of 3490

IGES JCM Database provides detailed information on JCM methodologies, projects, and feasibility studies, and by-country activities. The JCM is being implemented with the support...

Author: 
Data/Tool
English
February 2017 Topics:

The Institute for Global Environmental Strategies (IGES) is an international research institute headquartered in Hayama, Japan that conducts strategic policy research on sustainable...

PR/Newsletter
English
February 2017

本データは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)下のプログラムCDM(PoA)プロジェクトの公開情報をわかりやすく整理することを目的とし、それらの情報をデータベース化したものです。

Author: 
Data/Tool
Japanese
February 2017 Topics:

IGES CDM Programme of Activities (PoA) Database is aimed at providing comprehensive, organised information on the PoA in an easy-to-understand way. The database helps users search...

Author: 
Data/Tool
English
February 2017 Topics:

• 京都メカニズム第一約束期間(2008年~2012年)の間に、全ての附属書I国が他国から取得(償却及び繰越)した京都メカニズムクレジットはおよそ54億トンであった。そのうち、33%は実削減を伴わないプロジェクトからのクレジットであった。内訳として、ホットエアーAAUの取得が13%、追加的な排出削減に基づかないとみなされる(以下、追加性のない)ERUが13%、...

Author: 
Working Paper
Japanese
February 2017 Topics:

Japan needs to consider climate risks beyond its borders. Climate change impacts globally and in the Asia-Pacific region will affect Japan’s food security, the increasing...

Author: 
Mutsuyoshi Nishimura
Discussion Paper
English
January 2017 Topics:

Human security will be progressively threatened by climate change, consequently development cooperation agencies such as JICA need to adopt approaches to strengthen resilience to...

Author: 
MIKIO ISHIWATARI
Discussion Paper
English
January 2017 Topics:

This paper provides some initial reflections on climate-fragility risks for Japan. To complement this analysis, the paper also presents findings from a perception survey on climate-...

Discussion Paper
English
January 2017 Topics:

Climate-fragility risks are on the rise globally and developmental paths taken by countries can shape these risks. To understand the link between development and climate-fragility...

Author: 
Rajib Shaw
Lukas Ruttinger
Discussion Paper
English
January 2017 Topics:

To facilitate a broader discussion on climate-fragility risks in Japan and reflect and discuss the findings of the G7 report and its implications and relevance for Japan, adelphi...

Author: 
Lukas Ruttinger
Conference Proceeding
English
January 2017 Topics:

Eric Zusman presented at the International Symposium: IIASA and Japan - Future prospects for closer collaboration centering around “The World in 2050 (TWI2050)” project - on 31 Jan...

Author: 
Markus Amman
Z. Klimont
J. Borken‐Kleefeld
Presentation
English
January 2017 Topics:

本用語集は、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の国際交渉で使われている専門用語について、わかりやすく説明することを目的としています。

Data/Tool
Japanese
January 2017 Topics:
Waste Management in Myanmar: Current Status, Key Challenges and Recommendations for National and City Waste Management Strategies Cover

This policy report reviews the current status of waste management in Myanmar and confirms that it remains at a preliminary stage, attributed to challenges at both the national and...

Policy Report
English
January 2017 Topics:

本シートは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局等を通じて公表されているCDMプロジェクトの情報を基に、グリッド排出係数の調査分析のため基礎資料となるように、排出係数に関する情報を抽出し、一覧でまとめたものです。 本一覧表中のグリッド排出係数値シートでは、国連で登録されたCDMプロジェクトで実際に使用されている全てのグリッド排出係数値を掲載しております。...

Author: 
Data/Tool
Japanese
January 2017 Topics:

List of Grid Emission Factors aims at providing information to be utilized for research and analysis on the grid emission factors. The information of relevant items are extracted...

Author: 
Data/Tool
English
January 2017 Topics:

<目次 Table of Contents>

  1. 最新国際動向
    【国際】
    • ・SDGs 指標に関する専門家会合に向けてIGES もインプット
    • 【アジア】

    • ・UNESCAP 主催、SDGs Week に参加(11 月28 日-12 月2 日、バンコク
  2. ...
PR/Newsletter
Japanese
December 2016 Topics:

2016年12月14日、「気候関連の財務情報開示に関するタスクフォース(TCFD)による提言報告書」が発表されたが、本コメンタリは、企業の気候関連財務情報開示はSDGs投資拡大につながっていくのかについて議論したものである。

Commentary
Japanese
December 2016 Topics:
cover

本ブリーフィングノートでは、今後のトランプ政権の気候政策や人事に関して、これまでの示唆や推論を概観するとともに、関連する米国内の政治的文脈と制度的な意思決定プロセスの見地から検討を行う。「慎重な楽観主義」の立場をとりうるいくつかの領域を特定し、潜在的な最悪のシナリオに対する阻害要因を明らかにする。選挙期間中の発言や政権移行チームの顔ぶれには落胆させられる一方で...

Briefing Note
Japanese
December 2016 Topics:
G7の戦略策定状況と概要 cover

2016年12月現在のG7各国の長期温室効果ガス低排出発展戦略(Long-term Low Greenhouse Gas Development Strategies)の策定状況ならびにその概要に関して、公開情報およびヒアリングから得た情報をまとめています。

Issue Brief
Japanese
December 2016 Topics:

持続可能な消費と生産

2016年12月に開催された神戸CSR研究会東京支部第15回例会において、持続可能な消費と生産に関する国際的な政策動向および、充足性アプローチと言う観点から、堀田康彦SCPエリアリーダーが発表を行った。

Author: 

Pages