Institute for Global Environmental Strategies


Displaying 1 - 20 of 3482

本シートは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局等を通じて公表されているCDMプロジェクトの情報を基に、グリッド排出係数の調査分析のため基礎資料となるように、排出係数に関する情報を抽出し、一覧でまとめたものです。 本一覧表中のグリッド排出係数値シートでは、国連で登録されたCDMプロジェクトで実際に使用されている全てのグリッド排出係数値を掲載しております。...

Author: 
Data/Tool
Japanese
January 2017 Topics:

List of Grid Emission Factors aims at providing information to be utilized for research and analysis on the grid emission factors. The information of relevant items are extracted...

Author: 
Data/Tool
English
January 2017 Topics:

Climate-fragility risks are on the rise globally and developmental paths taken by countries can shape these risks. To understand the link between development and climate-fragility...

Author: 
Rajib Shaw
Lukas Ruttinger
Briefing Note
English
January 2017 Topics:

Japan needs to consider climate risks beyond its borders. Climate change impacts globally and in the Asia-Pacific region will affect Japan’s food security, the increasing...

Author: 
Mutsuyoshi Nishimura
Issue Brief
English
January 2017 Topics:

This paper provides some initial reflections on climate-fragility risks for Japan. To complement this analysis, the paper also presents findings from a perception survey on climate-...

Issue Brief
English
January 2017 Topics:

2016年12月14日、「気候関連の財務情報開示に関するタスクフォース(TCFD)による提言報告書」が発表されたが、本コメンタリは、企業の気候関連財務情報開示はSDGs投資拡大につながっていくのかについて議論したものである。

Commentary
Japanese
December 2016 Topics:

IGES JCM Database provides detailed information on JCM methodologies, projects, and feasibility studies, and by-country activities. The JCM is being implemented with the support...

Author: 
Data/Tool
English
December 2016 Topics:
cover

本ブリーフィングノートでは、今後のトランプ政権の気候政策や人事に関して、これまでの示唆や推論を概観するとともに、関連する米国内の政治的文脈と制度的な意思決定プロセスの見地から検討を行う。「慎重な楽観主義」の立場をとりうるいくつかの領域を特定し、潜在的な最悪のシナリオに対する阻害要因を明らかにする。選挙期間中の発言や政権移行チームの顔ぶれには落胆させられる一方で...

Briefing Note
Japanese
December 2016 Topics:
G7の戦略策定状況と概要 cover

2016年12月現在のG7各国の長期温室効果ガス低排出発展戦略(Long-term Low Greenhouse Gas Development Strategies)の策定状況ならびにその概要に関して、公開情報およびヒアリングから得た情報をまとめています。

Issue Brief
Japanese
December 2016 Topics:

<目次 Table of Contents>

  1. 最新国際動向
    【国際】
    • ・SDGs 指標に関する専門家会合に向けてIGES もインプット
    • 【アジア】

    • ・UNESCAP 主催、SDGs Week に参加(11 月28 日-12 月2 日、バンコク
  2. ...
PR/Newsletter
Japanese
December 2016 Topics:

持続可能な消費と生産

2016年12月に開催された神戸CSR研究会東京支部第15回例会において、持続可能な消費と生産に関する国際的な政策動向および、充足性アプローチと言う観点から、堀田康彦SCPエリアリーダーが発表を行った。

Author: 

本用語集は、国連気候変動枠組条約及び京都議定書にて用いられる専門用語について、わかりやすく説明することを目的としています。

Data/Tool
Japanese
December 2016 Topics:

2016年12月8日に開催された 東京都市大学/IGES/SPEED研究会共催特別セミナー「持続可能な開発目標元年を振り返る」において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「持続可能な消費と生産(SCP):持続可能な開発目標(SDGs)合意後の新たな政策動向」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・...

Author: 
Presentation
Japanese
December 2016 Topics:

2016年12月15日に開催された 第22回日本LCA学会・LCA日本フォーラム共催講演会において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「アジアにおけるSCPに向けた国際連携」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・戦略的研究開発領域課題(S-16)の成果などを活用したものである。

Author: 
Presentation
Japanese
December 2016 Topics:
Cover Image

本ペーパーでは、近年国際機関・各国研究機関などから発表された主要な資源効率・資源課題に関連する報告書等のレビュー結果に基づき、今後のマクロレベルでの資源効率政策の発展に必要となるいくつかの視点を選定し、各視点の概要を現在の日本の状況も鑑みながら概観するとともに、資源効率向上のためのアプローチを通じた、環境にとどまらない経済・...

Author: 
Discussion Paper
Japanese
December 2016

Climate Edge Vo.26では、パリ協定が発効して開催される最初のCOPであるCOP22の成果および、COP22に関連した企業や自治体などのステークホルダーの取組に関する見解をまとめました。

PR/Newsletter
Japanese
December 2016 Topics:
Cover Image

経済協力開発機構(OECD)が、2016年に9月に拡大生産者責任政策を導入するうえでの留意事項やガイダンスをまとめた『Extended Producer Responsibility—Updated Guidance for Efficient Waste Management』を発表しました。これは、2001年に発表された『 Extended...

Editor: 
Tomohiro Tasaki
Policy Brief
Japanese
December 2016 Topics:
cover

This briefing note surveys early hints and speculations regarding the Trump Administration’s possible climate policies and personnel appointments, and discusses them in the context...

Briefing Note
English
December 2016 Topics:

The IGES INDC & NDC database compiles the main features of the Intended Nationally Determined Contributions (INDCs) and Nationally Determined Contributions (NDCs), which were...

Author: 

This presentation discuss the potential synergy between material resource efficiency approach and low-carbon approach, showing Japanese best practices.

Presentation
English
November 2016

Pages