Policy Brief


Displaying 21 - 40 of 60
有機性廃棄物の持続的管理:国・地方レベルでの協調行動の必要性

アジア途上国の都市部における現在の廃棄物管理方法は、住民の健康と環境を脅かす恐れがあります。本ポリシー・ブリーフでは、温室効果ガスの排出削減にもつながる生物処理方法を進めるための国・地方政府の役割を検討するとともに、具体的な政策パッケージを提言しています。

Policy Brief
Japanese
September 2012
Long Term Electricity Scenario and Water Use: A Case Study on India

This policy brief focused the seriousness of water energy nexus from long-term perspective especially in the water scarce countries like India. It deals with India as a case study...

Policy Brief
English
July 2012 Topics:
長期電力シナリオと水利用―インドのケーススタディ

インドを事例に、水不足が懸念される国における水とエネルギーの相互関係の重要性を長期的な視点から考察しています。そして、それらの国において持続可能な開発を実現する上で、水とエネルギーの問題を統合的にとらえた対策が不可欠である点を指摘しています。

Policy Brief
Japanese
July 2012 Topics:
Technology Transfer as a Measure to Tackle Global Warming in Asia

The low-carbon technology transfer is a key to achieve environmentally sound development in Asia. This policy brief provides several options on how to promote this process.

Policy Brief
English
May 2012
アジアにおける地球温暖化対策としての技術移転

経済成長著しいアジアにおける環境に配慮した開発の実現に、低炭素技術の移転が貢献できるポテンシャルは少なくない。本ポリシー・ブリーフでは、低炭素技術移転を促進する方策を提示している。

Policy Brief
Japanese
May 2012
Practical measures to promote Japanese local governments’ environmental collaboration with developing countries with citizens’ support

The global community is expecting local governments to play an increasingly important role in promoting sustainable development. However, the ability of local governments to do so,...

Policy Brief
English
April 2012
地方自治体による環境国際協力とそのための資金調達

国際社会では、持続可能な発展を促進する上で、地方自治体の役割への期待が高まっており、日本では、能力と国際志向に富む一部の地方自治体が、途上国との環境国際協力に積極的に取り組んできた。しかしそれらの自治体においても、近年は財政状況が悪化する中で、環境協力に対する市民の理解が得られにくくなることが懸念されている。 
本ポリシー・ブリーフでは、...

Policy Brief
Japanese
April 2012
Upgrading the United Nations Environment Programme: A phased approach

This policy brief proposes a phased reform of the United Nations Environment Programme (UNEP) as one means of enhancing international environmental governance. The first phase would...

Policy Brief
English
February 2012
国連環境計画(UNEP)改革:環境ガバナンス強化に向けた段階的アプローチ

国際的な環境ガバナンスの強化に向けて、本ポリシー・ブリーフでは、国連環境計画(UNEP)管理理事会への普遍加盟方式の導入を足掛かりに専門機関への昇格を目指す段階的なUNEP改革を提案しています。また、同改革により、環境政策の有効性・正当性・影響力が高まる可能性も示唆しています。

Policy Brief
Japanese
February 2012
東アジアにおけるエネルギー市場統合:経済分析による政策含意

本ポリシー・ブリーフは、東アジア地域において環境・社会的に有益な地域経済発展を進める上でのエネルギー市場統合の重要性を示しています。この地域の発展においてエネルギー価格設定が重要な問題であるとともに、エネルギー市場統合がエネルギー安全保障においても大きな役割を果たすことを示唆しています。

Policy Brief
Japanese
October 2011
Environmental Performance Rating and Public Disclosure: Strategic Policy to Promote Corporate Environmental Management

This policy brief gives an overview about the environmental performance rating and public disclosure (EPRD) programme and enumerates some lessons learnt from the past cases. It also...

Author: 
Policy Brief
English
October 2011
環境パフォーマンス格付け情報開示:企業環境管理(CEM)を促す戦略的政策

企業の環境パフォーマンスに関する格付け評価を公表する「環境パフォーマンス格付け情報開示(EPRD)」プログラムについて概観し、世界で実施されている事例を検証しています。また、EPRDの活用を通して途上国の企業環境管理を改善する方策について提言をまとめています。

Author: 
Policy Brief
Japanese
October 2011
Energy Market Integration in East Asia: What an Economic Analysis Tells Us?

The East Asia region has been a hot spot of economic growth, and a substantial amount of energy input is essential to fuel this growth. Given the diverse conditions of economic,...

Policy Brief
English
October 2011
EPR Policies for Electronics in Developing Asia: A Phase-in Approach

In the last two decades policies based on extended producer responsibility (EPR) have been implemented for a wide range of products, especially in industrialised economies. Now, an...

Policy Brief
English
September 2011
アジア発展途上国の電気・電子製品に対する拡大生産者責任政策:「段階的導入アプローチ」の提案

ここ20年ほどで、先進国を中心に様々な製品を対象にしたEPR政策が実施されてきた。そして近年、アジア発展途上国では、経済発展に伴い、処理困難な廃棄物の急増とそれに伴う健康・社会・環境リスクの増大、さらに資源需要の急増といった課題に直面する場面が増えてきた。そうした国の多くで、E-wasteの管理を目的として、EPRの法制度化が推進または検討されている。...

Policy Brief
Japanese
September 2011
Promoting Japanese Leadership through a Multi-Stakeholder Platform on International Environmental CSR: Linking Japanese Business-Industry, Civil Society, and Governmental Sectors to Strengthen Green Markets in East Asia

This policy brief explores opportunities to improve Japan’s strategy for promoting and strengthening green markets across East Asia by addressing both Japan’s domestic strengths as...

Policy Brief
English
July 2011 Topics:
国際環境CSRマルチステークホルダー・プラットフォームを通じた日本のリーダーシップ強化:日本の産業界、市民社会、公共セクターの連携による東アジアのグリーン市場の拡大

東アジアにおいてグリーン市場への関心が高まる中、本ポリシー・ブリーフは環境問題における日本のリーダーシップに焦点を当てながら、グリーン市場を推進・強化するためのさらなる日本の政策について検討を行い、グリーン市場の普及を目指す国際的な環境イニシアティブと日本企業との連携を促す「企業の社会的責任(CSR)に関するマルチステークホルダー・プラットフォーム」...

Policy Brief
Japanese
July 2011
Green Economy for Sustainable Development: Japan should lead the policy shift towards global poverty alleviation

This policy brief explores the debate on the green economy concept for the United Nations Conference on Sustainable Development (UNCSD), to be held in Rio de Janeiro in 2012, and...

Policy Brief
English
June 2011
持続可能な開発につながるグリーン経済:日本は世界の貧困撲滅を重視した政策への転換を!

グリーン経済が大きな注目を集める中、2012年にリオデジャネイロで開催される国連持続可能な開発会議(UNCSD)に向けた議論や各国の取り組みについて整理するとともに、先進国のグリーン経済政策を世界の持続可能な開発につなげるための日本の役割について提言しています。

Policy Brief
Japanese
June 2011
違法な木材貿易阻止に向けた税関間の協力

熱帯途上国において違法伐採が森林劣化や森林喪失の大きな原因となる中、本ポリシー・ブリーフでは、税関間の協力により違法伐採された木材貿易を阻止する取り組みに焦点を当てたIGESとNGO(ザ・ネイチャー・コンサーバンシー)の共同研究による知見を紹介し、税関間のさらなる協力を促す具体的な選択肢や提言を明示している。

Policy Brief
Japanese
November 2010 Topics:

Pages