Annual and Business Reports

Displaying 41 - 60 of 100

To ensure accountability of each research project, and to provide a mechanism of transparency to its stakeholders, IGES conducts Project Peer Review every three years, inviting a...

Business Report
English
August 2007
第3期戦略研究報告書(2004年4月〜2006年3月)

財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、1998年に日本政府と神奈川県の支援により設立され、地球規模、とりわけアジア太平洋地域の持続可能な開発の実現を目指した実践的な戦略研究を行っています。IGESでは、3年を1期とする戦略研究計画に基づき、具体的な研究課題を設定してチームとして役割を分担しながら共同作業を行うプロジェクト方式によって研究を進めてきました。...

Business Report
Japanese
June 2007
Report of the Third Phase Strategic Research(April 2004 - March 2006)

The Institute for Global Environmental Strategies (IGES), established in 1998 with the support of the Japanese government and Kanagawa Prefecture, has been conducting practical...

Business Report
English
June 2007
第4期統合的戦略研究計画

2006年2月に開かれたIGES理事会は、「2007年度以降のIGES研究戦略の基本的枠組」を承認した。この文書は、前日の非公式会合に提出された「2007年度以降のIGES研究戦略」に盛り込まれている主要なポイントをまとめたものであり、とりわけ、IGES統合的戦略研究計画(ISRP)を、特に第4期について策定するために「プログラム・マネージメント・オフィス(...

Business Report
Japanese
February 2007
Integrative Strategic Research Programme of IGES for the Fourth Phase

The IGES Board Meeting held in February 2006 approved “The Basic Framework of the Future Research Strategy at IGES beyond FY 2006”, which was a summary of the major points contained...

Business Report
English
February 2007
IGES Annual Report FY2004
Annual Report
English
September 2005
IGES年報 2004年度

[ 目次 ]
I.IGESのあらまし
II.各研究プロジェクト・プログラムの活動報告
・ 気候政策プロジェクト
・ 森林保全プロジェクト
・ 都市環境管理プロジェクト
・ 淡水資源管理プロジェクト
・ 産業と持続可能社会プロジェクト
・ 長期展望・...

Annual Report
Japanese
September 2005

第2期戦略研究(2001年4月~2004年3月)において、IGESは以下のプロジェクトおよびプログラムによる研究活動を行いました。

気候政策プロジェクト
http://...

Business Report
Japanese
December 2004

気候政策プロジェクトの第2期の研究は、国際的枠組みあるいは域内・国内の気候政策をめぐって、さまざまな意見の不一致、そして時には対立が起きる中で行われた。こうした情勢は、本プロジェクトの研究のあり方や焦点に影響を及ぼしており、今後もその影響は続くと考えられる。第1に、気候問題には科学的、政治的、経済的にかなり不確実な要素が伴うが、気候変動を緩和するためには、...

Business Report
Japanese
December 2004

森林保全プロジェクトは、森林管理における地域住民の参加を促進するために、ガイドラインおよび勧告を作成することを目的とした。これらは、(1)村落レベルにおける、村落民およびそれ以外の利害関係者を対象とした村落行動指針(VAG)、(2)地方レベルにおける、地方(州あるいは県)政府やそれ以外の利害関係者を対象とした地方政策指針(LPG)、(3)...

Business Report
Japanese
December 2004

環境教育には、環境意識を高めるための適切な教材がまだ無いなどといった多くの問題がある。これら多くの問題は環境破壊の現状や実態と関連がある。こういった問題を扱うためにも、持続可能な開発のエッセンスを教育の方針の中に含め、新しい概念、つまり持続可能性のための教育(ESD)というものへと環境教育を進化させていく必要がある。活動をより実践的なものとしていくためにも、...

Business Report
Japanese
December 2004

企業と環境プロジェクトは、IGES関西研究センターの第1期におけるプロジェクトとして、2001年より開始された。プロジェクトの目標は、企業の自主的な環境保全活動を促進するための具体的な手法の展開と、そのための社会経済システムを構想することである。企業の自主的な環境保全活動を促進する手段として、環境会計、環境情報開示、環境経営評価の3分野について研究を行い、...

Business Report
Japanese
December 2004

長期展望・政策統合プロジェクトは、第1期戦略研究における新発展パターンプロジェクトと環境ガバナンスプロジェクトが統合再編されることで、第2期から設置されたプロジェクトである。本プロジェクトは、IGESの他のプロジェクトと緊密な連携を保ちながら、アジア太平洋地域における持続可能な開発を実現するための方策について、長期的かつ横断的なアプローチによって研究し、...

Business Report
Japanese
December 2004

アジア各国は1960年代から30余年間に亘って高い経済成長を示してきた。他方、これらの国々では、経済成長を急ぐあまり、環境面への配慮がなおざりにされてきた。こうした現状を踏まえ、環境産業プロジェクトでは、21世紀にアジア諸国が持続可能な発展を実現せんがために不可欠な環境産業の発展が、いかなる現状にあり、いかなる問題点を抱えているかを調査し、...

Business Report
Japanese
December 2004

IGES研究プロジェクトでは戦略的な政策研究を実施しているが、同時に全ての研究プロジェクトは関係者間の対話や情報発信、そして人材開発にも関わっている。 IGESにおける人材開発分野での幅広い取り組みを強化し、またIGES自体の有効性を高めるため、IGESは1999年に人材開発プログラムを設置した。この目的を受け、人材開発プログラムの戦略研究としては、...

Business Report
Japanese
December 2004
IGES Annual Report FY2003
Annual Report
English
November 2004

Pages