Non Peer-reviewed Articles

Displaying 1 - 20 of 540

国際社会は2015年に「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択した。アジェンダは、我々が将来の世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像と、それを実現するための17の目標(Sustainable Development Goals: SDGs)、169のターゲットと230の指標という「三層構造」である。
「地球システムの境界」...

Non Peer-reviewed Article
Japanese
June 2017 Topics:

経済発展が続くアジア諸国では、近年都市開発に伴い農地・林地から宅地、工業用地などへの土地利用転換が進行し、洪水などの被害が生じており、今後都市化の進行と気候変動の影響による降雨パターンの変化により、被害がさらに深刻化すると懸念されている。そこで、地球環境戦略研究機関はフィリピン大学と協力し、都市開発、気候変動による洪水リスクを軽減するための土地利用計画・...

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
April 2017
Non Peer-reviewed Article
Japanese
February 2017 Topics:
Non Peer-reviewed Article
Japanese
February 2017 Topics:
Non Peer-reviewed Article
Japanese
January 2017 Topics:

SDGs やパリ協定の実施へ向けて開発協力のあり方は大きな転換点にある。SDGs における目標間のトレードオフおよび両合意による大幅な低炭素化・資源効率性の向上という要請を踏まえ、途上国・新興国・先進国それぞれにおいてライフスタイルやビジネスモデルを含めた経済社会と生産・消費パターンの変革が求められている。本論説では、SDGs...

Author: 

待機環境基準達成計画(No.37)

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
December 2016 Topics:

温氏集団、世界一の畜産企業(No.36)

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
November 2016

2015年9月、ニューヨークにある国連本部で「国連持続可能な開発サミット」が開催され、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択された。あわせて、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」が合意された。SDGsは、アジェンダを実現していくための実施計画の目標と位置付けられている。世界レベルにおいて、...

Author: 

人と動物の関係を理解するための 生態学および人類学の学際的なデータの重要性

第 26 回日本熱帯生態学会年次大会公開シンポジウム「変わりゆく熱帯で暮らす—人と動物たち」におけるコメント

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
November 2016 Topics:

本稿では、欧州を中心とした国際的な資源効率・循環経済の政策動向について、特にEUにおいて持続可能な資源管理・資源効率・循環経済の政策発展が進む中で、経済と環境の政策統合、物質資源効率と低炭素政策の調和がはかられてきた経緯を示し、その内容を分析しつつ、わが国の資源効率政策の今後の方向性について議論している。The paper discusses that...

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
October 2016

VOC汚染排出賦課金徴収の動き

.

Non Peer-reviewed Article
Japanese
October 2016

北九州で日中大気汚染セミナー開催

.

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
October 2016

Pages