Future Climate Regime


Displaying 1 - 20 of 89
Institutional arrangements for reporting market mechanisms to avoid double counting

Parties to the Paris Agreement agreed to ensure avoidance of double counting of emissions reductions from the use of international market mechanisms. Although useful data may be...

Author: 
Working Paper
English
May 2018 Topics:

IGES CDM Investment Analysis Database aims to provide organised information that has been used for investment analysis to demonstrate the additionality of the project activities.The...

Data/Tool
English
April 2018 Topics:

平成29年度パリ協定の実施に向けた 詳細ルールの検討・情報整理等業務

本報告書は、環境省委託事業「平成29年度パリ協定の実施に向けた詳細ルールの検討・情報整理等業務」に関する成果をまとめたものである。

Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:

急激に都市化する開発途上国の都市においては、経済成長を維持しながら快適で持続可能な都市環境を実現していくために、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める「低炭素でレジリエントな持続可能な社会」への移行が重要な課題となっている。昨今、様々な国際的な枠組において、都市・自治体を含む非国家主体の重要性が認識されてきている。本業務では、...

Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:

パリ協定に掲げる今世紀後半に脱炭素社会(温室効果ガス排出量が正味ゼロの状態)を実現させるためには、経済成長が著しいアジアにおいて、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。近年、経済成長著しいアジアの都市では、急激な都市化により、資源やエネルギー消費量が増大し、交通量増加に伴う交通渋滞が頻発しており、生活や経済活動に伴う廃棄物、排水、...

Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:

This proposal (Version 3) aims to illustrate description of the concrete options for guidance on robust accounting under Article 6, paragraph 2 of the Paris Agreement.

Author: 
Presentation
English
October 2017 Topics:

This submission is the IGES’s view on agenda item 6 of the Ad-Hoc Working Group on the Paris Agreement (APA), “Matters relating to the global stocktake referred to in Article 14 of...

Submission to Policy Process
English
September 2017 Topics:

Climate Edge Vo.27では、日本における中長期的な温暖化対策の立案に貢献するため、カーボン・バジェットの概念の科学的背景、カーボンプライシングの概念整理、地球温暖化対策における国際貢献のあり方に関する見解をまとめました。

PR/Newsletter
Japanese
July 2017 Topics:

2016年4月~2017年3月に日本・環境省の請負業務として実施した「平成28年度気候変動対策に係る国際交渉関連調査業務」の報告書であり、中国やインドの研究機関と共に実施した日中政策研究ワークショップならびに日印政策研究ワークショップ、更にはパリ協定に係る国際交渉の最新状況やその分析等を記載している。

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

Climate Edge Vo.26では、パリ協定が発効して開催される最初のCOPであるCOP22の成果および、COP22に関連した企業や自治体などのステークホルダーの取組に関する見解をまとめました。

PR/Newsletter
Japanese
December 2016 Topics:

At the heart of the successful implementation of the Paris Agreement is whether and how effectively a ratchet-up mechanism through which Parties will increase ambition over time can...

Working Paper
English
November 2016 Topics:

In the context of the transparency framework under the Paris Agreement (PA), this paper presents the status and changes in the capacity of 37 developing countries in Asia to develop...

Author: 
Molly
WHITE (GREENHOUSE GAS MANAGEMENT INSTITUTE)
Working Paper
English
November 2016 Topics:

Assuming all thermal power plants currently planned for construction and replacement are put into operation, coal-fired and gas-fired power plants need to operate below 56% and 43...

Issue Brief
English
September 2016 Topics:
The Climate Edge Vol.25
PR/Newsletter
Japanese
September 2016 Topics:

1.5/2℃目標実現に向けた長期戦略構築の重要性―2016年G7会合およびボン会合(APA 1)も踏まえて-

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
June 2016 Topics:

パリ協定の下での透明性枠組みのあり方についての議論が開始

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
June 2016 Topics:

グローバル・ストックテイクを巡る議論と今後の論点

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
June 2016 Topics:

環境金融の夢

Author: 
Hikaru
KOBAYASHI
Non Peer-reviewed Article
Japanese
March 2016 Topics:

2016年2月、日本の温室効果ガス排出量の約4割を占める電力部門における排出削減の取り組みが明らかになりました。本ペーパーでは、これまでに至る経緯を概観した後、自主的枠組みと制度的仕組みを紹介し、電力部門の低炭素化に向けた中長期的な観点からの課題及び石炭火力・ガス火力発電新設に伴う様々なリスクについてまとめています。

Discussion Paper
Japanese
March 2016 Topics:

Pages