Governance & Policy Making


Displaying 1 - 20 of 165

Lack of economic opportunity has been identified as one of the important bottlenecks for achieving development and empowerment as a result of which several financial inclusion...

Book Chapter
English
April 2017 Topics:

2050 年までに温室効果ガスの排出を世界で半減させるためには、経済成長が著しいアジアにおいて、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。近年、経済成長著しいアジアの都市では、急激な都市化により、資源やエネルギー消費量が増大し、交通量増加に伴う交通渋滞が頻発しており、生活や経済活動に伴う廃棄物、排水、排ガス、温室効果ガス(GHG)...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

急激に都市化する開発途上国の都市においては、経済成長を維持しながら快適で持続可能な都市環境を実現していくために、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める「低炭素でレジリエントな持続可能な社会」への移行が重要な課題となっている。昨今、都市・自治体を含む非国家主体の重要性が認識されている。本業務では、このような都市の重要性に鑑み、...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。

REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

This report provides an overview of the interim progress of implementing the ASEAN ESC Model Cities Year 3 (2016/17), commissioned by the ASEAN Secretariat and the Japan-ASEAN...

Author: 
Commissioned Report
English
March 2017 Topics:

Alongside the accelerated growth in populations and urbanisation in Asia are the growing problems of road traffic, solid waste,s and air and water pollution. Torrential rains,...

Commissioned Report
English
March 2017 Topics:

急速な人口増加と都市化に伴い交通渋滞、廃棄物処理、大気・水質汚染など様々な環境問題が顕在化している。また、地球温暖化の影響に伴い、世界各地の都市で局地的な豪雨や洪水、渇水・土砂災害などが頻発化している。また、都市は世界のCO2排出量の70%以上を占めると推定されており、アジアは2050年までに世界のエネルギー消費量およびCO2排出量の50%...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:
Non Peer-reviewed Article
Japanese
February 2017 Topics:

This chapter looks at the recent evolution of SCP as a concept, from the perspective of the global United Nations (UN) policy process, with examples of how this has been reflected...

Author: 
Patrick
SCHROEDER
Book Chapter
English
February 2017 Topics:

SDGs やパリ協定の実施へ向けて開発協力のあり方は大きな転換点にある。SDGs における目標間のトレードオフおよび両合意による大幅な低炭素化・資源効率性の向上という要請を踏まえ、途上国・新興国・先進国それぞれにおいてライフスタイルやビジネスモデルを含めた経済社会と生産・消費パターンの変革が求められている。本論説では、SDGs...

Author: 

Eric Zusman presented at the International Symposium: IIASA and Japan - Future prospects for closer collaboration centering around “The World in 2050 (TWI2050)” project - on 31 Jan...

Author: 
Markus
AMMAN
Z.
KLIMONT
J.
BORKEN‐KLEEFELD
Presentation
English
January 2017 Topics:
Non Peer-reviewed Article
Japanese
January 2017 Topics:

<目次 Table of Contents>

  1. 最新国際動向
    【国際】
    • ・SDGs 指標に関する専門家会合に向けてIGES もインプット
    • 【アジア】

    • ・UNESCAP 主催、SDGs Week に参加(11 月28 日-12 月2 日、バンコク
  2. ...
PR/Newsletter
Japanese
December 2016 Topics:

持続可能な消費と生産

2016年12月に開催された神戸CSR研究会東京支部第15回例会において、持続可能な消費と生産に関する国際的な政策動向および、充足性アプローチと言う観点から、堀田康彦SCPエリアリーダーが発表を行った。

Author: 

2016年12月8日に開催された 東京都市大学/IGES/SPEED研究会共催特別セミナー「持続可能な開発目標元年を振り返る」において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「持続可能な消費と生産(SCP):持続可能な開発目標(SDGs)合意後の新たな政策動向」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・...

Author: 
Presentation
Japanese
December 2016 Topics:

待機環境基準達成計画(No.37)

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
December 2016 Topics:

2015年9月、ニューヨークにある国連本部で「国連持続可能な開発サミット」が開催され、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択された。あわせて、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」が合意された。SDGsは、アジェンダを実現していくための実施計画の目標と位置付けられている。世界レベルにおいて、...

Author: 
Taking Action on the SDGs

This paper provides basic information on the Sustainable Development Goals (SDGs) in order to help a general audience from multiple sectors with planning and action on the new SDGs...

Discussion Paper
English
November 2016 Topics:

Past/On-going Research Projects on SCP in Other Regions: Case Study of EU Projects

The workshop to launch S-16 project in Asia was organised in October 20-21, 2016. Ryu Koide made a presentation on the mapping of the past and on-going research projects related to...

Author: 
Shinnosuke
SAWAMURA
Presentation
English
October 2016 Topics:

Pages