Low-Carbon Infrastructure


Displaying 1 - 20 of 287

2050 年までに温室効果ガスの排出を世界で半減させるためには、経済成長が著しいアジアにおいて、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。近年、経済成長著しいアジアの都市では、急激な都市化により、資源やエネルギー消費量が増大し、交通量増加に伴う交通渋滞が頻発しており、生活や経済活動に伴う廃棄物、排水、排ガス、温室効果ガス(GHG)...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

急激に都市化する開発途上国の都市においては、経済成長を維持しながら快適で持続可能な都市環境を実現していくために、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める「低炭素でレジリエントな持続可能な社会」への移行が重要な課題となっている。昨今、都市・自治体を含む非国家主体の重要性が認識されている。本業務では、このような都市の重要性に鑑み、...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

Alongside the accelerated growth in populations and urbanisation in Asia are the growing problems of road traffic, solid waste,s and air and water pollution. Torrential rains,...

Commissioned Report
English
March 2017 Topics:

急速な人口増加と都市化に伴い交通渋滞、廃棄物処理、大気・水質汚染など様々な環境問題が顕在化している。また、地球温暖化の影響に伴い、世界各地の都市で局地的な豪雨や洪水、渇水・土砂災害などが頻発化している。また、都市は世界のCO2排出量の70%以上を占めると推定されており、アジアは2050年までに世界のエネルギー消費量およびCO2排出量の50%...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

The IGES INDC & NDC Database compiles the main features of the Intended Nationally Determined Contributions (INDCs) and Nationally Determined Contributions (NDCs), which were...

Author: 

SDGs やパリ協定の実施へ向けて開発協力のあり方は大きな転換点にある。SDGs における目標間のトレードオフおよび両合意による大幅な低炭素化・資源効率性の向上という要請を踏まえ、途上国・新興国・先進国それぞれにおいてライフスタイルやビジネスモデルを含めた経済社会と生産・消費パターンの変革が求められている。本論説では、SDGs...

Author: 

持続可能な消費と生産

2016年12月に開催された神戸CSR研究会東京支部第15回例会において、持続可能な消費と生産に関する国際的な政策動向および、充足性アプローチと言う観点から、堀田康彦SCPエリアリーダーが発表を行った。

Author: 
In MATTER: International Journal of Science and Technology

Due to ever increasing demand, the electronics industry has been growing at a rapid pace, and therefore handling and management of Waste Electrical and Electronic Equipment (WEEE)...

Peer-reviewed Article
English
December 2016 Topics:

2016年12月8日に開催された 東京都市大学/IGES/SPEED研究会共催特別セミナー「持続可能な開発目標元年を振り返る」において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「持続可能な消費と生産(SCP):持続可能な開発目標(SDGs)合意後の新たな政策動向」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・...

Author: 
Presentation
Japanese
December 2016 Topics:

2016年12月15日に開催された 第22回日本LCA学会・LCA日本フォーラム共催講演会において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「アジアにおけるSCPに向けた国際連携」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・戦略的研究開発領域課題(S-16)の成果などを活用したものである。

Author: 
Presentation
Japanese
December 2016 Topics:
Cover Image

経済協力開発機構(OECD)が、2016年に9月に拡大生産者責任政策を導入するうえでの留意事項やガイダンスをまとめた『Extended Producer Responsibility—Updated Guidance for Efficient Waste Management』を発表しました。これは、2001年に発表された『 Extended...

Editor: 
Tomohiro
TASAKI
Policy Brief
Japanese
December 2016 Topics:

The summary of discussion of the country break-out session 2 (Japan, Malaysia, Myanmar, Mongolia, Palau, Solomon Island, Viet Nam) at 7th Regional 3R Forum in Asia and the Pacific...

Author: 
Submission to Policy Process
English
November 2016 Topics:

Past/On-going Research Projects on SCP in Other Regions: Case Study of EU Projects

The workshop to launch S-16 project in Asia was organised in October 20-21, 2016. Ryu Koide made a presentation on the mapping of the past and on-going research projects related to...

Author: 
Shinnosuke
SAWAMURA
Presentation
English
October 2016 Topics:

The workshop to launch S-16 project in Asia was organized in October 20-21, 2016. Yasuhiko Hotta made a presentation on how to reconsider conventional SCP typologies during the...

Presentation
English
October 2016 Topics:

In Parallel Session 3.4: sustainable production and consumption as core fields of transition at 8th LCS-R Net Annual Meeting in Wuppertal, Germany, Yasuhiko Hotta made a...

This report updates the 2001 Guidance Manual for Governments on Extended Producer Responsibility (EPR), which provided a broad overview of the key issues, general considerations,...

Editor: 
OECD
Policy Report
English
September 2016 Topics:

Assuming all thermal power plants currently planned for construction and replacement are put into operation, coal-fired and gas-fired power plants need to operate below 56% and 43...

Issue Brief
English
September 2016 Topics:

ISAP2016のパラレルセッション5「持続可能な消費と生産:アジアでのSDGs実施に向けたステークホルダー連携への第一歩」において、堀田康彦SCPエリアリーダーが発表した。

Presentation
Japanese
July 2016 Topics:

2016年6月22日、笹川平和財団汎アジア基金 オピニオンリーダー招聘プログラム国際セミナー「持続可能な社会づくりのためのパートナシップ構築に向けて-タイの廃棄物処理から見る社会連携の課題と可能性」が開催され、パネル討論「持続的循環型社会に向けて - 日タイ市民社会連携に向けた展望」にて、堀田康彦 SCPエリアリーダーが、...

Author: 
Presentation
English
June 2016 Topics:

Pages