Sustainable Development Goals (SDGs)


Displaying 1 - 20 of 147

This report presents an overview of policies and initiatives related to sustainable consumption and production advanced by the governments of the pan-European region. Although not...

Author: 
József
SLEZÁK

This report presents an overview of policies and initiatives related to sustainable consumption and production advanced by the governments of the Latin American and Caribbean region...

Author: 
Jose
DOMENECH

This report looks at national policies and initiatives related to sustainable consumption and production in Asia, without pretending to offer an exhaustive inventory of such...

The Fifth Asia-Pacific Forum on Sustainable Development (APFSD), organized by the United Nations Economic and Social Commission of Asia and the Pacific (UNESCAP), was held 28-30...

Fact Sheet
English
March 2018 Topics:

The Fifth Asia-Pacific Forum on Sustainable Development (APFSD), organized by the United Nations Economic and Social Commission of Asia and the Pacific (UNESCAP), was held 28-30...

Fact Sheet
English
March 2018 Topics:

一般社団法人 グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)および公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」について、日本における企業の取組み実態に関する最新の調査結果をとりまとめた、SDGs日本企業調査レポート2017年度版「未来につなげるSDGsとビジネス~日本における企業の取組み現場から~」...

Author: 
Akiko
UENO
Tomoko
DOWAKI
Saori
IZUMI
Policy Report
Japanese
March 2018 Topics:
WEPAアジア水環境管理アウトルック2018

アジアの国々は、居住環境の悪化、利用可能な水の減少および水の生態系サービスの損失につながる、深刻な水質汚濁問題に直面し続けている。これらの状況を考慮し、ガバナンスの観点から水質汚濁問題を解決することを目的とし、第3 回世界水フォーラムの場で日本国環境省によりアジア水環境パートナーシップ(WEPA)が提案された。WEPAでは2004年から、...

Policy Report
Japanese
March 2018 Topics:

This report is the fourth edition of the series “WEPA Outlook on Water Environmental Management”, which consists of two main chapters: Chapter 1 -“Outlook on Water Environmental...

Policy Report
English
March 2018 Topics:

平成29年度国際低炭素社会推進研究調査等委託業務報告書

環境省「国際低炭素社会推進研究調査等委託業務」報告書(平成29年度)

Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:
Scoring the Sustainable Development Goals: Pathways for Asia and the Pacific

Despite considerable hope and enthusiasm raised by the Sustainable
Development Goals (SDGs), and some quick initial efforts, many
governments and stakeholders are...

 地球が危機的な状況にあることが国内外のメディアなどにしばしば取り上げられている。国連の統計によると現在76億人の世界人口は、2030年までに86億人、2050年に98億人と増加の一途を辿り、気候変動の原因となる二酸化炭素の排出は留まるところを知らず、世界平均濃度は2016年に400ppmを超え、このままの成り行きでいくと気温が2100年には約3.8℃(...

Author: 
Peer-reviewed Article
Japanese
January 2018 Topics:

国際社会は2015年に「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択した。これは、我々が将来の世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像と、それを実現するための17の目標と169のターゲットからなる持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)により構成されている。SDGsは、「地球の境界(プラネタリー・...

Non Peer-reviewed Article
Japanese
January 2018 Topics:

ASEAN is committed to the implementation of two parallel, but inter related processes: the ASEAN Community Vision 2025 (ASEAN Vision 2025) and the United Nations 2030 Agenda for...

Author: 
UNESCAP
Heinz
SCHANDL
Policy Report
English
November 2017 Topics:

2015年9月に採択された「2030アジェンダ」の中核をなすのが持続可能な開発目標(SDGs)であり、SDGsは17のゴール、169のターゲットで構成され、多くの環境関連のゴール・ターゲットが含まれています。具体的には気候変動対策のほか、水の持続可能な管理や持続可能な森林経営の推進、...

Presentation
Japanese
October 2017 Topics:

At 13th APRSCP meeting, S-16 research group organized a round table session titled "SCP Challenges and Opportunities from Four Perspectives – Resources, Lifecycle, Lifestyle,...

Author: 
Tetsuya
TSURUMI

持続可能な生産と消費(SCP)は、「消費と生産システムが環境に及ぼすネガティブな影響を最小化しつつ、すべての人にとっての生活の質の向上を目指す包括的なアプローチ」と定義され、非常に包括的で広範な政策概念である。SCPに関連して、2015年に「持続可能な開発目標(SDGs)」とパリ合意と言う2つの国際合意がなされたことは注目すべきである。いずれの場合も、...

Author: 

全文
「日本では、実感はまだそれほど大きなものではないかもしれないが、2015年に合意されたパリ協定と持続可能な開発目標(SDGs)は、画期的な国際合意であったと言えるだろう。2015年は、1992年と並んで、持続可能性を政策目標の中心に据えるように、世界が大きく舵を取った年として記憶されることとなると考える。

本書は、「...

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
September 2017 Topics:
Frontpage
In Resources

Sustainable Consumption and Production (SCP) was adopted as a stand-alone goal and reflected as one of the cross-cutting objectives of the Sustainable Development Goals (SDGs), with...

2010年代に入って、現在の環境政策のベースとなっている効率性改善を重視するアプローチから、資源利用・エネルギー利用の総量抑制を意識した充足性アプローチを重視する動きが出てきている。2015年には持続可能な開発目標(SDGs)とパリ協定が採択され、いずれも無限の資源、環境容量を前提としない社会経済を目指すものである。本研究における充足性アプローチは、...

SCP(持続可能な消費と生産)は、言葉としてはSDGsの中でも大目標の一つ、ゴール12に掲げられ、その中では消費と生産に伴う自然資源の取得、環境に有害な化学物質等の排出物を最小化する管理手法や政策、国際的な合意形成といったことを対象としています。しかしSCPをより広義にとらえれば、「消費と生産」は我々人類の日々の営みそのものであり、...

Author: 

Pages